三味線へのいざない

杵屋勝七郎